祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 ブログ

ブログ

2013年9月17日
デンタルショーに行きました


こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

先日、東京ビックサイトで行われていたデンタルショーに行ってまいりました。
毎年さまざまな歯科関係の展示会が行われますが、この東京デンタルショーは特に規模が大きい展示会です。
デンタルショーでは最新の医療機器を見ることができます。
また購入したほうがいいのか迷っているときも実際に行ってみることで判断がつきます。
医療機器はとても高価なので、購入してから思っていたのと違ったり、あまり使わないとなるとお金を捨てるようなものです。
特に大型機器(診療台やレントゲン機械など)は、カタログ上の仕様だけではわからない実際の動き方や動作音などもしっかり確認が必要です。


@DCIM0117.jpg
@DCIM0119.jpg
会場に朝一番で行ったので、まだすいていてゆっくりと見て回ることができました。この後帰るころにはとても多くの人でごった返していました。なんでも早いに限ります!

歯科治療では、診察台やレントゲン装置以外にも、とても多くの器具や材料を使います。
たとえば、検査機器、削る器具、詰め物、型取り、調整、かぶせもの、抜歯器具・材料、インプラント、カルテ用パソコンソフト、衛生用品、便利グッズなどなど、、、
そのため最新情報を知ることは、最善の歯科医療を行う上で欠かせません。
歯科治療は確立されている治療なので、そんなに画期的なものはありませんでしたが、それでも参加するたびに面白そうなのもが展示されています。

例えば歯の根の中を詰めるものですが、今までであればばい菌が残っている場合、かぶせてから晴れたり痛くなったりすることがありました。
しかし最新の詰め物であれば詰め物自体に強力な殺菌効果があり、そのようなことがまったくなくなりました。


@DCIM0121.jpg
これは最新の歯の予防のための液体キットになります。とてもよさそうでしたが、健康保険適応外のためコストは高くなってしまうため導入は見送りました。

他にいいなと思ったものは、歯の型どりをする代わりに特殊なカメラで歯の撮影をして、CADCAMでかぶせ物を作っていく装置です。
まだかぶせ物としての精度は今一つという感じでしたが、そのうち製作の精度が上がれば導入してもいいかもしれません。

会場を全部回ったので半日がかりになってしまいました。
ちなみに世界最大のデンタルショーはドイツで行われるケルンデンタルショーだそうです。
全部見て回るにはなんと3日間ぐらいかかるそうです!
いつか機会があれば、医療先進国であるドイツにも行ってみたいものです。

販売業者の売り込みがちょっとしつこいのがちょっと面倒ですが、基本的には最新の歯科医療を学ぶ上で、デンタルショーに行くことはとても有意義でした。



 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ