祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 ブログ

ブログ

2015年12月26日
初期虫歯とは


こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

初期虫歯という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
一口に虫歯といってもその状態は様々です。
特に処置が必要のないものから緊急を要するものまであります。
虫歯はその程度でCOからC4まで5段階あります。
ちなみにこの「C」ですが、これは虫歯を意味する『Caries(カリエス)』の頭文字です。
数字が大きいほど重症の虫歯です。


1 初期虫歯とは?

虫歯の状態を表すCOからC4のうち、COのものが初期虫歯です。
この初期虫歯を表すCOですが『O』は数字のゼロではなく、英語の『Observation(観察)』の頭文字になります。
そのためいい方も『シーゼロ』ではなく、『シーオー』といいます。

2 初期虫歯はどんな状態か?

歯の表面がわずかにでこぼこしていたり、着色があったり白濁している状態です。
痛みやしみるなどの症状はほとんどありません。
削れてきたり柔らかくなってしまった場合は、C1やC2です。
C3は歯の根まで菌が入り込んでしまったり強い痛みがある場合で、C4になると歯がほとんど崩壊していて抜歯になります。

3 初期虫歯の治療方法は?

初期虫歯は要経過観察歯なのですぐに削ることはしません。
ブラッシングなどの基本的なケアで進行が止まることがあるので、定期的にチェックをして様子を見ます。
歯垢がいつも残っていると虫歯がそのまま進行してしまいます。
頑張って歯ブラシをすると、進行が止まります。(しっかり歯ブラシをしてもすでにC1~C2の状態だと虫歯が進んでしまいます。その場合は速やかに治療をする必要があります。)

4 虫歯の進行を止めるにはどうすればいい?

COの状態ならばフッ素を塗布することで、歯の表面の再石灰化を促進させることができます。
フッ素を塗布すると初期虫歯の進行を止めるだけでなく、酸に対して強い歯にすることができます。
フッ素塗布は予防処置になるため、保険外の治療費がかかりますが子供の初期虫歯の進行を止めるのにとても有効です。できるだけ定期的にフッ素を塗ってもらうようにしましょう。
また子供の歯の噛む面に樹脂によくコーティング剤(シーラント)を塗ってもらうのも、とても効果があるのでおすすめです。


歯を磨く際に、歯の再石灰化に役立つフッ素が入った歯磨き粉の使用も効果的です。
歯科医院で販売している歯磨き粉は、このフッ素の濃度が市販品よりも高くなっています。
歯磨きは3分以上、丁寧に歯と歯の隙間や歯の裏側もしっかり磨きましょう。
歯科医院ですぐに削らなくてもいい初期虫歯と診断されても油断することなく、毎日しっかりと歯を磨くように心がけましょう。





先日の祝日に久しぶりに箱根の温泉に行ってきました。

@DSC_0597.jpg
ロマンスカーで新宿から1時間30分で箱根湯本駅に到着です。特急は楽ですね。

@DSC_0605.jpg
紫雲荘という旅館に泊まりました。旅館に到着してから初めて知ったのですが、ここは今年の冬の小田急に使われているポスターの場所でした!

師走の忙しいさなか、少しだけリラックスできました。


 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ