ブログ

2016年2月17日
親知らずの抜歯

当院では月1回、口腔外科外来を設けています。
抜歯が困難な患者さんにはこの日に来ていただき、専門医が治療を行っています。

大変な抜歯、と聞くと親知らずが思い浮かぶのではないでしょうか。

親知らずは上下左右合計4本あります(例外もありますが)。歯根の形態や根の数が各々だいたい決まっているのに対して親知らずは不定形で、また根が彎曲 肥大している事も多いので、一般的に抜くのが大変なのです。

@IMG_2300.jpg

さらに歯の幅に対して顎の骨が小さい場合、生えるスペースが不足する為に歯が斜めに生えてきたり、生えてくることができずに骨の中で横になってもぐったままになっていることがあります。

@IMG_4849.jpg


このような状態の歯は、ブラッシングが行き届きにくい為虫歯になりやすく、汚れが溜まるので炎症を起こし易くなります。
お隣の歯へ悪影響を及ぼす事もあるので、抜歯をおすすめします。

口腔外科外来は月一度の為、枠に限りがあります。ご希望の方はお早めにご相談下さい!
(抜歯前にCTによる精査が必要になったり、歯の状態によっては専門病院へのご紹介となる場合もございます。)

藤田


 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ