祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 ブログ

ブログ

2017年3月21日
8020運動


こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

今回は、『8020運動』についてです。
8020運動はずいぶん前からあるので、聞いたことのある方もいるのではないでしょうか?
8020運動で、一生自分の歯で生活できるようにしましょう。

1 『8020運動』とは?

『8020運動』(ハチマル・ニイマル・ウンドウ)とは、「80歳になっても自分の歯を20本以上残そう」という、厚生労働省や日本歯科医師会により推進されている運動です。



ヒトの歯は全部で永久歯で32本あります。
そのうち4本は親知らずですから、残りの28本のうち20本あれば健康に過ごすことができるとの見解から推奨されています。
単純に本数だけではありませんが、20本あれば大抵のものを噛み砕いて食べ物を美味しく食べることができるとのことです。

これからの時代、人生100年と言われていますので、80歳で自分の歯を20本維持することはとても重要なことです。

2 80歳で20本以上歯を残すにはどうすればいい?

80歳で20本の歯を残すためには、まだ若いうちから取り組まなければなりません。
「まだ80歳まで何十年あるから大丈夫」
と思っていても、気づいたときには歯がみんなグラグラで重度の歯周病になってからではおそすぎます。
またタバコを吸う人は、吸わない人と比べて歯の残存率が極端に悪くなります。
タバコに含まれているニコチンが血管を収縮させ、栄養が歯肉まで届きにくくなって免疫力が低下します。
その結果、病原菌が出す毒素に対して対抗することができなくなるため、歯がだめになっていきます。
タバコを吸う人で将来自分の歯を少しでも残そうと思うなら、今すぐタバコから卒煙しましょう!

さらに、普段どんなに頑張って歯を磨いていても、すべてをきれいにすることはできません。
歯に残った歯垢が固くなって取れなくなる歯石になるのが3ヶ月と言われていますので、3ヶ月毎の定期検診と歯石の除去を行いましょう。

歯がなくなる一番の原因は歯周病ですが、次に多い原因は虫歯です。
虫歯ですごく痛くなっても、我慢しているうちに痛くなくなることがあります。
これは決して虫歯が治ったわけではなく、痛みを感じていた歯の神経が虫歯菌にやられて腐ってしまったため痛みを感じなくなっただけです。
そのうち歯が使えなくなり抜歯となってしまいますので、痛くなったら速やかに歯科医院で虫歯の治療をしましょう。

『8020運動』で80歳になっても20本以上の歯を残すためには、以下のことをしましょう。

① 虫歯・歯周病を治す
② 毎日正しくブラッシングとスロス、歯間ブラシ、マウスウォッシュを行う
③ タバコを止める
④ 歯ぎしりや食いしばりは歯を壊すので、歯科医院でマウスピースを作る
⑤ 3~6ヶ月に一度は歯科医院で検診と歯石取りをする

いつまでも自分の歯で、なんでも噛めるように頑張りましょう!








先日、ANAのマイルを利用して北海道の紋別に行ってきました。

@DSC_0336.jpg
北海道に入ると雪が降ってきました。
晴れていれば向こう側は海で、流氷が見れたはずでした。

@DSC_0338.jpg
たったの1時間30分で紋別空港につきました。
天気のせいか、先日旅行したサハリンの空港に似ています。

@DSC_0342.jpg
紋別のゆるキャラ「紋太」と一緒に。一生懸命に動き回って紋別をアピールしてました。



カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ