ブログ

2017年11月13日
世界最高峰の歯科用レーザーのセミナー

 
こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

11月12日の日曜日に私が持っている歯科用レーザーのセミナーが銀座で開催されたので、参加してきました。
このレーザーは海外製で、出力が国産のなんと6倍という凄まじいパワーがあります。
しかしこのレーザー今まで日本での窓口がなく、私は2年前に個人輸入して使用しておりました。
そのため基本的な使用方法は分かるのですが、もっと高度な使い方はないのかと模索中でした。

今回私がお世話になっておりますウエイブレングス社さんがこのレーザーを輸入することになり、セミナーのお誘いがあったので、これはいい機会だと思い参加することにしました。

実は私は一昨年アメリカのレーザー歯学会で指導医の資格を習得しています。
(詳しくはこちら
歯科用レーザーはその波長で4種類に分類されます。
半導体レーザーは止血効果に優れるので切開をメインに殺菌、痛みの軽減、治癒促進などに使用しています。
今回のレーザーはエルビウムヤグレーザーに分類され、主に歯を削ったり歯石を除去したり歯肉を切ったりということを殺菌しながらできる素晴らしいレーザーです。
当院でもいろいろな波長の歯科用レーザー機器がありそれらを用いたレーザー治療を行っています。
詳細は当院スタッフまでお問い合わせください。

@P1010742.jpg
セミナーの場所は、銀座の並木通り沿いにクリニックがある先生の研修室で行われました。最近できたばかりとのことでとてもきれいでした。銀座は華やかでいいですね!

@P1010741.jpg
研修会場です。この歯科用レーザーはスロベニアという国(オーストリアの南、イタリアの東側)のFotona社というメーカーで、日本では主に美容外科でシミ取りに使用されています。美容外科で使用しているレーザーと基本的には同じなので、私の歯科用のレーザーでも、しみやあざを取ることができます。もちろん私は歯科医師なのでシミ取りの医療行為はできません。。。
ちなみにこの会社はレーザーを使用した兵器も製造しています!

@P1010748.jpg
研修中です。今回のセミナーは少人数制だったため講師の先生の話が間近で聞けてとても良かったです。

@P1010750.jpg
講師の先生の実演で、実際の歯の削り方や歯石のとり方を教わりました。

@P1010753.jpg
歯の実演の後は豚の顎を使用して、歯肉や口の中を想定した切開や歯の長さを整える練習を行います。練習自体は慣れたものですが、出力等の細かいセッティングについて理解できてよかったです。

@P1010755.jpg
セミナーが終わり修了証が手渡されました。この講師の先生は私の指導医の永井先生と同じく、20年以上前から歯科用レーザーの研究と開発に携わっている先生です。
実は10年ほど前にこの先生のセミナーに参加して歯科のレーザーについて学び、それがきっかけで私もレーザーについて勉強するようになりました。
今回ご縁がありまたお会いすることができて良かったです!


 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ