祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 ブログ

ブログ

2018年11月13日
動物の歯について


みなさん、動物と人間の歯では、全く違うことをご存知でしたか?

ちょっとした歯の豆知識をご紹介します!



1 『サメの歯』

!cid_CD7D033F-F57E-4E97-9829-0B03466F847E.jpg

『サメの歯』は獲物をとるときにこぼれ落ちても、すぐに次々と生えてきます。
なぜなら、現在使っている歯のうしろに6列から10列もの予備の歯がひかえていて、歯が抜け落ちると、その予備の歯がベルトコンベアー式に前に出てきて埋めてくれるからです。

ホシザメの歯は抜けてから10日で1列すべて生えかわるとか。
トラザメなどは10年間で2万4千本の歯が生えかわったということです。

びっくりですよね!



2 『象の歯』

!cid_3D776ACE-C6DD-4B4F-A768-B8CB7299A214.jpg

『象の歯』は大きな臼歯が上下左右に1本ずつの計4本。
ひと回りもふた回りも大きな大人の靴底のような形をしており、かみ合う面はギザギザ模様になっています。

60~70年の生涯のうち、この臼歯は6回も生えかわるのですが、そのプロセスは大変面白いものです!
私たち人間の歯は下から顔を出してきて垂直に生えかわりますが、象の臼歯は水平交換といって、奥にある臼歯が脱落するという交代方法をとるので、歯がない期間は全くないのです。



3 『馬の歯』

!cid_4BE6B788-D86F-4A92-9E5B-3FEE8BF85FA6.jpg

ちなみに、自分の干支である馬はどうかなと一番興味が湧いたのですが。笑

『馬の歯』は明け6歳になるまでに、すべて乳歯から永久歯に生えかわり、その後はどんどんすり減っていきます。

カイバを食べる時には、上下の歯をすり合わせて咀嚼するので減り方が激しく、1年間に平均2ミリずつすり減っていきます。

そのため、馬は歯を見れば馬齢がわかるといわれます。面白いですよね!!



4 『ブタの歯』

!cid_5F1B5338-E0F9-4CC5-B055-33ACC1F8A2EA.jpg

ブタの内臓器官は私たち人間のものと良く似ていますが、歯の数は人間よりも多く、しかも噛む力も強力です。

門歯の数は上下左右で12本、そのうしろにキバがあり、硬くて大きいものはこのキバで砕きます。
小臼歯は16本、大臼歯は12本、合計44本の歯を持っています。
生まれて間もなくかわいらしい歯が生え始めますが、これはブタの乳歯で、ほぼ2年後には永久歯となって生え揃うそうです。



このように、動物によって、歯の数、形、生え方もこんなにも違ったんですね!!

他の動物も興味があれば、調べてみてもいいかもしれないですね!

新しい発見があって面白いと思います^^







DH 渋谷 葵

 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ