祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 ブログ

ブログ

2019年3月 5日
唾液


@body_mouth_hentousen.jpg

こんにちは。
最近は暖かくなったり冷えたりとしていますが体調崩していませんか? 

今回は、『唾液』について少しだけ書きたいと思います!


ところで皆さんは、1日どれくらいの唾液が分泌されていると思いますか?





............正解は、600〜1000ml です😳!

唾液は、食べものを消化したり、食事の際の咀嚼や嚥下(飲み込み)を助ける役割があります。
また、歯ぐきや、お口の中の粘膜、歯の表面の殺菌作用や、洗浄作用があります!

唾液はほとんどの成分がお水です。
その中には様々の電解質、アミラーゼなどの酵素、ムチンやパロチンなどのタンパク質が数多く含まれています。


『唾液腺』と言う言葉は聞いたことありますか?
唾液腺とは、お口の中に唾液を分泌する臓器のようなものです。
3大唾液腺とは、『耳下腺』、『顎下腺』、『舌下腺』のことをいいます。
小唾液腺とは、『口唇腺』、『口蓋腺』、『頬腺』、『舌腺』、『臼後腺』、『舌口蓋腺』などのことをいいます。


1 3大唾液腺

『耳下腺』とは耳の近くにある唾液腺です。
耳下腺から分泌される唾液は、漿液性(サラサラ)な唾液で、粘稠性(ネバネバ)ではありません。


『顎下腺』とは、顎の下にある唾液腺です。
顎下腺から分泌される唾液は、混合腺なので、漿液性と粘液性が混ざっており、粘液性は比較的少ないです。

『舌下腺』とは、舌下部の粘膜にあります。
舌下腺から分泌される唾液は、比較的粘稠性の唾液です。


2 小唾液腺

小唾液腺は、お口の中の粘膜下に600〜1000個存在します。
唯一、口腔内で小唾液腺が存在しない場所があります。
それは......
歯肉と、硬口蓋粘膜と言われてる場所です。


3 口が渇く

唾液の分泌が少なくて、口腔内が乾燥してしまう疾患もあります。

『シェーングレン症候群』という名前を聞いたことはありませんか?
これは、自己免疫疾患で、根治的な治療はありません。
ですが、放置しておくと、虫歯や歯周病が悪化してしまったり、味覚に変化が起きたりしてしまいます。

降圧利尿薬や抗ヒスタミン薬、抗うつ剤や精神安定剤、抗がん剤や抗パーキンソン薬、制吐剤などのお薬を飲まれている方は、お口の中が乾燥しやすい場合もあります。
対処療法にはなりますが、粘膜保湿剤などもありますのでケアすることが大切です。


お口の中が乾燥している方はいませんか?
1度来院をおすすめします🙂

大久保良美

 

カテゴリ:

戻る

月別アーカイブ

カテゴリ