祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 ブログ

ブログ

2019年3月25日
ホワイトニング。


みなさんこんにちは。
最近春になり、暖かい時期になってきましたね。

この前ホワイトニングコーディネーターという資格の講義と試験を受けてきました。
そこで学んだこと。ホワイトニングってどういうものかについて書きたいと思います。


まず歯の着色には大きく分けて2種類あります。外部的な表面上の着色。そして内面的な着色です。

20190325.jpg


外部の着色とは、歯の表面に着色している汚れなどを示し、コーヒーや紅茶、赤ワインやタバコをよく吸う人が比較的付きやすいと言われています。
これらの一部は研磨剤入りの歯磨き粉やマウスウォッシュなどを使うことで、取り除くことができるかもしれません。
しかし、長い期間こびりついてしまった汚れは歯科医院で行うクリーニングという方法でしか取ることが出来ないのです。


内面的な着色とは歯のエナメル質に出来てしまったマイクロクラックの間についた汚れや、象牙質(エナメル質の下にある層)着色を示します。
加齢変化や元の歯の色が濃い方、テトラサイクリン系の薬の影響など、理由は様々です。
こちらは歯科医院で行うプロ用のホワイトニングでなければ色を変えることが出来ません。


ホワイトニングとは、一般的に過酸化尿素もしくは過酸化水素を含むホワイトニング材を使用した方法で、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの二種類があります。


ホームホワイトニングとは、自宅でマウスピースにご自身でジェルを入れてはめるタイプのものです。

オフィスホワイトニングとは、歯科医院内で薬剤を歯に塗布してもらい、高濃度の材料で短時間で白くする方法です。


どちらも過酸化尿素もしくは過酸化水素を主成分としていますが、それらの中に含まれる酸素が歯の中で動き回りステインの原因になっている色素群を分解していきます。

当院では、このホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したシンセーショナルスマイルというホワイトニング剤を導入しております。

特徴としては、薬がそこまで強いものではないので知覚過敏などの歯がしみる症状がほとんどないことです。
一度で真っ白にするは難しいですが、副作用が少なく従来のものよりも時間が短時間で終わるので、初めての方が挑戦しやすい仕様になっております。

また先にお話したクリーニングは、歯の表面の着色を除去し、歯本来の白さをだしてくれるのでタバコのヤニや汚れが気になる方におすすめです。
こちら行うとしばらく歯がツルツルになるので、虫歯予防などにも効果的です。


気になる方はスタッフや院長にお声がけください。


DH井田


 

カテゴリ:

戻る

月別アーカイブ

カテゴリ