ブログ

2017年6月20日
日本歯科放射線学会の認定医

こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

みなさん、歯に関する診断でいちばん重要なのは何だと思いますか?
歯の診断は症状や状況をお聞きしたり(問診)、見た目をチェックしたり(視診)、風をかけたり(温度診)、触ったり叩いたり(触診、打診)しますがよくわからないことが多いです。

それは歯という組織は、骨と同様に硬い組織のため、内部の状態がとても分かりにくいためです。
そこで必要な診断が、レントゲン撮影(X線診)です。歯科ではレントゲン写真からの情報がとても重要で、診断能力の50%以上と言われています。

つまりレントゲンの情報なしでは、誤診につながったり、暗闇で治療をしているようなものなのです。

@P1010468.jpg
歯科医院では通常2種類のレントゲン写真を撮ります。全体の状況を把握する大きな「パノラマ写真」と、必要な部分のみ撮影する、小さいけれど鮮明な「デンタル写真」を何枚か撮ります。それぞれ目的が異なるため、通常はこの2種類の撮影をします。

しかし、いくらレントゲン写真を撮影しても、歯科医師にレントゲン画像からの情報を読み取る力がなければあまり意味がありません。ごく僅かな違いを瞬時に読み取り、病状を把握して適切な診断を下し処置をする必要があります。

ちなみに私は大学を卒業して歯科医師になったあと、母校である東京歯科大学の歯科放射線学講座に医局員として在籍しておりました。
その時は主にCT撮影やその読影とレントゲン画像の診断を行っていました。
そのため、レントゲン写真がいかに歯の治療に必要かということを他の先生よりもとても重要視しています。

歯科のレントゲンに関する学会として日本歯科放射線学会があります。
私はこの学会の「歯科エックス線優良医」の資格を有しておりました。
今回この資格の上のレベルの「歯科放射線認定医」の試験が行われたので受験しました。

そもそもこの認定医の試験を受けるための受験資格は、「歯科エックス線優良医」の資格を有し、1回以上更新(更新のための試験があります)していることが条件になります。
認定医はさらに上のレベルなので、試験も難しくなっております。試験に落ちないように受験に備えて、しばらく前より勉強をしました。

4月23日に御茶ノ水にある日本大学歯学部にて、試験が行われました。結果が分かるのが1ヶ月後ということで、その間合否がわからずもやもやしていましたが、先日合格通知が来ました。勉強の甲斐あって、認定医試験に合格できて良かったです。

@P1010467.jpg
合格通知からさらに2週間ほどして認定証も届きました。

認定証は各種修得していますが、新たに合格して増えるとやはり嬉しいものです。
これからも患者様の治療に全力で取り組んでいきます!


 


カテゴリ:

2017年6月19日
大阪で全国の院長先生とミーティング

こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

先日の日曜日に新大阪駅前の会議室で行われたミーティングに行ってきました。
私は医療系のセミナーや学会によく参加しておりますが、今回は歯科医院の院長として勉強や情報交換をするために参加しました。

医院を運営していくには、スタッフの協力が不可欠です。私一人が頑張っていてもスタッフがいないことには仕事ができません。
しかしいいスタッフは自動で増えるわけではありません。誰かが補充してくれるわけでもありません。
適切な求人をいろいろなところに出して、見学と面接をして選び、内定を出しそれからようやく採用になります。
採用してからも、医院の理念をしっかりと伝え最高の技術と接遇を習得できるようにしっかりとサポートしていく必要があります。

この日は主に、いかに優れた勤務医の歯科医師を採用するかというテーマで話し合いました。
参加している先生方は、全国の大きな規模の歯科医院の院長先生たちばかりです。
皆さんすごい勉強熱心です。私よりも年配の先生方がほとんどでしたが、志がすごく高くてとても多くの気づきと刺激を受けました。

@18835843_1289281837855868_2647525827014117140_n.jpg
それぞれパソコンにプレゼンテーションの資料を持ち寄り、発表します。
11時から午後4時までめいいっぱいかかりました。休憩は特にないので、お昼を食べている時間もありません。


@18893225_1289282777855774_7022365441883664137_n.jpg
ちょうど私の番で発表しているところです。ベテランの先生方の前で発表するのはとても緊張します。他の先生からの質問がとても多くて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

@18814645_1221747457954606_7440087394101215020_o.jpg
最後はみんなで記念写真を取りました。

このあと新大阪駅構内の和食屋さんで懇親会をしました。懇親会はとても楽しかったのですが、帰りの飛行機の時間になってしまったため、私だけひと足早くお先に失礼しました。

心地よい疲労感と充実感を感じた1日でした。


 


カテゴリ:

2017年6月19日
虫歯になりやすいお菓子。

こんにちは。
紫陽花がとても綺麗な時期ですね~
皆さんは何色の紫陽花が好きですか??
私は、紫や鮮やかな青が好きです!



こんな記事を見つけました...。
ある大学の研究グループが調査した結果、虫歯になりやすいお菓子は
1位 キャラメル
2位 キャンディー
3位 ウエハース
だったそうです。この順位は虫歯を作る4つの原因からなっているそうで、1つは食べかす。2つ目は、口の中で酸を作り出す程度で、酸が多く作られると虫歯になりやすいんだそうです。3つ目は、食べている時間の長さ。4つ目は、お菓子の糖分が口の中に残っている長さ。結果、くっつきやすく長く食べることになるキャラメルが1位になったんだそうです。


20170619.jpg

どれも絶対食べないなんてことは出来ないお菓子ですねー(;_;)
なので、食べたくなったら食べましょう!でもその代わり歯磨きをしっかり頑張れば大丈夫ですね!
そしてもちろん、定期検診も忘れずに。


歯科アシスタント  松本

 

カテゴリ:

2017年6月12日
ワンタフトブラシの使い方

皆さんこんにちは!
段々と暑くなって来ましたね☀️

皆さんはワンタフトブラシはご存知ですか?
歯ブラシでは磨きにくい細かい所や、1番奥の歯を磨くのに適している小さな歯ブラシです。

2017061201.jpg

1番奥の歯を磨くとき、普通の歯ブラシでは頭の部分が大きすぎて奥まで届きにくいですよね?しかし、このワンタフトブラシは頭が小さいので、奥歯の部分を簡単に磨くことが出来ます⭐︎

2017061202.jpg

また、歯並びが悪く重なり合っている部分があると、細かいところまで歯ブラシの毛先が届かず、磨き残しになってしまう方が多いですが、このワンタフトブラシなら、細かい部分の歯垢も掻き出すことが出来ます⭐︎(歯と歯の間の部分の汚れはデンタルフロスを使ってくださいね✨)

2017061203.jpg

今の歯磨きをもうワンランク上げるために、ワンタフトブラシ、是非使ってみてください😄

白井


 

カテゴリ:

2017年5月30日
はじめまして

井田

みなさん初めまして☺️
今年から新卒で入社しました歯科衛生士の井田茜です!
これからよろしくお願いします♡

ところで今月は私の誕生日でした!!
当日のお昼休みに院長やスタッフのみんなにお祝いしていただきました💓

選んでもらったプレゼントはとても可愛くて、使うのが楽しみです!!

@!cid_15c579fbcabbd35cc2a1.jpg

この一年は新社会人として成長できるように、精一杯頑張ります(*^^*)



 

カテゴリ:

2017年5月26日
テレビ番組の撮影協力

こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

5月21日に、テレビ朝日の『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』の撮影が当院で行われました。
この番組は、バラエティ番組です。しかし決してふざけた内容ではなく、歯の治療時に患者さんが疑問に思うことを再現ビデオで見せるという内容でした。

今回、私は医学的アドバイスだけだと思っていた所、制作スタッフに、
「先生役ででてください。ついでにインタビューもお願いします!」
と言われてしまいました。

私は正直カメラが苦手なのですが、なかなかない機会なので今回も協力させていただきました。

@P1010409.jpg
今回も大勢の撮影クルーが来ました。治療とは違った意味で緊張します。

内容は見てのお楽しみです。放映日程は6月上旬とのことでした。


 

カテゴリ:

2017年5月23日
新人研修セミナー

みなさんこんにちは🌈
先日、セミナーに参加してきました!

20170523.jpg


セミナーで学習したことを
毎日の診療で生かしていきたいと思います🌼
そして、
患者様に信頼していただける歯科衛生士になれるよう、
これからも努力していきます📝

DH  大久保 良美


 

カテゴリ:

2017年5月17日
歯と口の健康週間

こんにちは^ ^

だんだん気温も上がりあったかくなってきましたね。でも、まだ気温の変化が激しいので風邪など体調管理には気をつけましょう。

20170516.jpeg


さて、6月4日~10日まで、歯と口の健康週間です。これはみなさんのお口の健康を考え、虫歯や歯周病の早期発見などに繋がるための、歯の健康保持を徹底していくという目的のものです。


歯が健康であれば食事が美味しいし、食事が楽しくなるし、体も元気になるので健康にも繋がります。健康な歯はみなさんの人生を豊かにするものです(^^)

これを機に、定期検診をサボってしまっている方、しばらく歯医者にかかっていない方など、治療途中の方はもちろんですが、当院に歯の検診にいらして下さい!

虫歯の治療でなくても、歯周病予防のため、歯石のお掃除だけでもお待ちしております^ ^


私たちがみなさんのお口の健康をサポートしますっ☆


DH 渋谷 葵


 

カテゴリ:

2017年5月 6日
デンタルフロスの使い方

こんにちは!

みなさんは日頃、デンタルフロスを使用されていますか?
デンタルフロスは歯の間に挟まった食べカスを取るだけではなく、ハブラシのみでは取り除けない歯と歯の間の歯垢を除去する目的があります。
今回はまだ使っていない方のために簡単に使い方をお伝えします!

まず、40cmくらい(手に持って肘のあたりまで伸ばす)の長さに切ります。
@IMG_0725.jpg

左右の中指に2、3回巻き付けて持ちます。
@IMG_4702.jpg

使う場所(上下前奥歯)によって、親指や人差し指で押さえて糸をピンと張り、歯の間に差し入れます。
@IMG_9402.jpg
@IMG_1329.jpg

歯間に挿入したら、歯の側面に沿わせながら歯垢をこすり取ります。
@IMG_6463.jpg
@IMG_1725.jpg

難しいな、という方には、持ち手つきのタイプもあります。
でも慣れてしまえば簡単ですし、コスト面では糸巻タイプの方が優れています。
糸巻きタイプは当院の受付でもご購入できます。
@IMG_0401.jpg

ぜひお試し下さい!

藤田



 

カテゴリ:

2017年4月11日
米国レーザー歯学会で別の試験

こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

今年も4月5日から9日までアメリカのレーザー歯学会の年次大会に参加して、試験を受けに行きました。
実は私、昨年の学会ですでに指導医クラスの試験をパスしております。
(昨年の学会参加の様子はこちら

今回は何の試験だったかといいますと、別の波長の試験でした。
歯科用レーザーは主に4つの波長が使われておりますが、それぞれ使い方や効果が異なります。
指導医の試験では、それぞれの波長で試験があります。

今回申し込んだClinical Simulationのテストは、レーザーに関する一般的な安全管理とこの波長にあった使い方とデモンストレーションを30分説明と実演して85点以上取らなくてはなりません。
3年前にも受けたテストをまたやることになりましたが、波長が違うため半分以上は新しく勉強する必要がありました。

今年の学会の開催場所はアリゾナ州のツーソンです。

@tucson.jpg
ツーソンの場所は、メキシコに近く、砂漠地帯です。なかなか観光で行くことはないと思いますので、貴重な体験です。

@P1010313.jpg
ロサンゼルス空港で乗り換えて1時間30分でツーソンの空港につきました。夕方でしたが日が暮れる前に到着することができて良かったです。

@DSC_0379e.jpg
ホテルまでタクシーで行こうと思いましたが、1台もいません!旅行客はみんなUberなどの配車アプリで地元の人の車に次々と乗ってしまい、気がついたら空港出口にはほとんどいなくなってしましました。。。
私のSIMカードでは電波が入らなかったためUberが使えませんでしたが、なんとかシャトルバスを見つけて、時間はかかりましたがホテルまで行くことができました。

@P1010318.jpg
@DSC_0398.jpg
学会会場のあるホテルはツーソンの郊外にあり、外は巨大なサボテンに覆われています。
特に山の頂上まですべてサボテンが生えている様子は圧巻でした!
ちなみにこれらのサボテンは小さく見えますが、1本の長さが大体7~8メートルぐらいありものすごく大きいです。

@P1010351.jpg
次の日から学会が始まりました。私のネームタグに注目です。

@P1010389.jpg
ADVANCED PROFICIENCY つまり上級資格です。
私は昨年すべての試験をパスしたので、今年からこの肩書をつけることができます。
今までこれをつけている先生が眩しくて、このタグを付けたい一心で頑張っていました。
アメリカの先生もこれをみて、「ただ遊びに来ている日本人ではないのかー」と思ってくれます。
ちなみに試験官や発表者だとさらに肩書が増えていきます。

@P1010338.jpg
@P1010339.jpg
幾つかの講演を聞きましたが、試験が2日目なので落ち着きません。時差に関しては調整のコツを覚えたのか、コーヒーをがぶ飲みしなくてもあまり眠くなりませんでした。

@P1010333.jpg
夜になると軽く食事を済ませたあとは、いつもどおり勉強です。今年は自分の勉強をしつつ他の先生のサポートもしていました。
英語で説明する試験なので、何度も何度も繰り返して時間内にできるようにしなければなりません。

@P1010358.jpg
@P1010370.jpg@P1010367.jpg
試験は朝6時30分からです。6時には試験会場につくようにするので5時に起きました。参加4年目ともなると何も驚きません。試験前に最後のチェックをしています。

@P1010382.jpg
今回も無事合格することができました。日本人メンバーで集合写真。
私の隣の若い先生は学会から招待されてきていた大学の先生です。
研究の発表を行い、賞をとっていました。すごいです!

@P1010383.jpg
今回私の試験官だったBeatrijs Deruyter先生です。この先生は今年の学会で最高賞のLeon Goldman賞を受賞されました。

今回もいろいろなことがありましたが、とても充実した学会参加でした。
来年の学会は昨年と同じフロリダのオーランドで開催されます。
ただ、この5年間ほぼ毎年参加していたのと、試験は今年で一区切りついたので来年はパスしようと思っていました。
しかし指導医の永井先生に、
「来年も必ず参加するように。25周年大会で日本からの参加者を多く募るので、認定医試験の試験官をしてもらいます。」
と言われてしまいました。

つまり教わる立場から教える立場になるということです。
指導医として恥ずかしくないようにさらに勉強して、また来年の学会に臨もうと思います!


 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ