ブログ

2015年6月10日
歯と口の健康週間↑

皆さんこんにちは!
東京も梅雨入りしましたね。
梅雨の季節は雨の日が続き 、洗濯物が乾かず気分が憂鬱になったりしますが、休みの日に静かな部屋でふと雨の音が聴こえてくると、雨も悪くないかな......なんて思ったりもします。

さて、
今回は「歯と口の健康週間」についてブログをかこうとおもいます。

皆さんご存知でしょうか?
毎年6月4日~6月10日は「歯と口の健康週間」というそうです。
私は恥ずかしながら、この仕事をはじめてから、初めてしりました。

これは厚生労働省と文部科学省と日本歯科医師会が1958年から実施しているものだそうで、歯の衛生に関する正しい知識を国民にひろめて、歯科疾患の予防の徹底し、国民の意識を高め歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持を目的としているそうです。

歯と口の健康週間は今日までですが、今日からでも遅くありません。
自分の健康の為に、自分の歯の事、考えてみましょう!

@DSC_0104.jpg

歯科アシスタント 稲葉



  

カテゴリ:

2015年5月23日
全国赤十字大会に参加

こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

日本赤十字社東京都支部より、5月13日に開催の全国赤十字大会の招待状が届きましたので参加してまいりました。
全国赤十字大会は、赤十字関係者や赤十字事業の発展に関与したした人たちが参加する大会です。この1年の赤十字活動の報告や功労者への章の授与が主な内容です。
場所は明治神宮内にある明治神宮会館になります。

@DSC_0264.jpg@DSC_0265.jpg
会場前の様子です。この日は全国より約1400人ほど集まったそうです。
大会ではレバノンの病院で負傷者した難民の看護にあっていた看護師の方の報告がありました。
日本赤十字社の海外での活躍を知り、私も一層の社会貢献に努めようと改めて思いました。

ph1-h270513-gorinseki-2[1].jpgph1-h270513-gorinseki-1[1].jpg
当日は皇后陛下を始め、秋篠宮妃殿下,常陸宮妃殿下,寛仁親王妃殿下と高円宮妃殿下がご臨席されました。
出典:宮内庁ホームページ(http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/photo1/photo-20150513-4345.html)

カテゴリ:

2015年4月22日
はな子さん

こんにちは。
これは何だと思いますか?

@IMG_1891.jpg

これは
井の頭自然動物公園にいるゾウのはな子さんの歯です。

ゾウの歯は上下左右に4本しかなく、しかしとても大きくて1本の重さが約3キログラムもあるそうです。

@IMG_4860.jpg

高齢のはな子(1947年生まれ!)は、現在まともな歯は左下の1本しかありません。食べ物を噛み砕くことが出来ないので、飼育係さんが代わりにエサを細かく切って与えているそうですよ。

藤田


 

カテゴリ:

2015年3月31日
動物の歯

こんにちは!!
桜がとてもキレイですね☆

@20140331.jpg

今回はいろいろな動物の歯について調べてみました!!
私たち人間の歯は32本
カバは40本
豚は44本
ネズミは16本で前歯は一生伸び続けるそうです。
イルカは120本
サメは6〜20列の歯が並び3千本の歯を持つサメもいるそうです。
サメは人間と違い、2~3日ごとに歯を交換して常に鋭い状態を保っている。そして、一生に2万本以上の歯を使うそうです!!!

画像は地元の桜です!!




受付
瀬野 詩織


 

カテゴリ:

2015年3月25日
春の訪れを感じて

こんにちは!!
桜が咲きはじめました!!

@DSC_0786.jpg

先日、テレビでも「靖国神社の標本木で6輪咲いているのを気象庁職員が確認した」というニュースが報道されていましたね。
気温も暖かくなり、春の訪れを感じるようになりました。
もうすぐお花見シーズン到来。
楽しみですね♪

そして、春は新生活をスタートさせる人も沢山いるでしょう。
私もその新生活をスタートさせたひとりでもあります!!

新しいことをはじめる時は、希望(や期待)が満ち溢れると同時に同じくらいの大きさの不安(や不満)が追いかけてきます。
そんなとき、なにか自分に自身が持てることがあると勇気が出ますよね。
そう、例えば「歯がキレイだ」ということも自分に誇れることだと思います。
私は、歯科医院で働きはじめて、改めて、患者さんの歯に対する意識の高さに驚きました。

谷村歯科医院では、キレイな歯になりたい皆さんのためにスタッフ一丸となって仕事に取り組んでいます。

私もそのスタッフの一員としてこれからも頑張ります。
よろしくお願いします!!

全くかんけいないのですが、写真は近くの花屋さんで撮ったものです。桜はまだ満開では有りませんが、この時季の花はより一層輝いていますね。花屋さんを通りすぎる度に私はいつも癒されています。

歯科アシスタント
稲葉麗七


 

カテゴリ:

2015年2月13日
抜歯をされる方へ

こんにちは。
今日は歯を抜いた後、ご自宅へ帰ってから出血してきた場合の対処法についてお話ししようと思います。

当院では抜歯をした患者さんに、注意事項が書かれた用紙とガーゼをお渡ししています。
@IMG_5127.jpg

ここには「ガーゼを丸めて強く噛んで下さい」と書いてありますが、この時ガーゼを傷口にしっかりと当てて圧迫しなければ意味がありません。
以下の写真は悪い例です。
@IMG_8221.jpg

このように、周りの歯で噛んでいるだけでは傷を圧迫できないので、ガーゼをいくら噛んでも血は止まりません...。
正しくはこちらです。
@IMG_8932.jpg

単純に思えるかもしれませんが、圧迫による止血法は正しいやり方で行えばとても有効な方法です。
但し、ガーゼを何度も外して確認せずに、20分くらいは圧迫し続けることが重要です!

今後抜歯を予定している方は参考にしてみて下さい^_^

藤田



 



カテゴリ:

2015年1月30日
米国レーザー歯学会の試験を受けました

こんにちは、谷村歯科医院 院長の谷村です。

毎年参加している米国レーザー歯学会の年次大会ですが、今年は諸事情により行くことができませんでした。
(昨年の学会の様子はこちら

現在私は、この学会の指導医クラスの資格を修得するために勉強しております。
資格をとるためには3つの試験に合格する必要があります。
昨年は幸いにも1つ目をクリアすることができました。
次は2番めのオンラインテスト試験(2時間以内に英文175問で85%以上が合格)ですが、今回は学会不参加なので試験を受けることができません。

しかし12月半ばに学会の理事で指導医の永井先生から連絡があり、
「日本で1月18日に学会参加者のための勉強会を開くので、その時にみんなの見ている前で試験を受けるのだったらその場で試験を受けてもよい」
との嬉しい連絡を頂きました!
「みんなの見ている前」での試験は私的に少し引っかかりましたが、今回はまったく諦めていたので連絡をいただいてとても嬉しかったです。
試験まで1ヶ月しかないため、大慌てで勉強を始めました。(全部英語なので、レーザーの勉強と英語の勉強の両方です。)

@P1010100.jpg
新橋の勉強会の会場です。

@IMG_3667_1.jpg
学会参加者は、永井先生の講義を受けています。

@P1010106.jpg
しかし、私ともう一人の先生は講義中に別室で最後の勉強です。。。

この後、午後に試験が始まりました。
PCを36インチのテレビに接続し、学会の参加者が試験の様子を見ることができます。
最初はものすごく緊張しましたが、そのうち慣れてきました。
今回もなんとか試験をパスすることができました。

@P1010107.jpg
オンラインなのでたったの5秒で結果が出ます。この瞬間はものすごく緊張しました!
来年は最後のテスト(症例報告)が待っているので、まだまだ気を抜くことができません。



 



カテゴリ:

2015年1月23日
歯の記念日☆

こんにちは!
今回は歯の記念日について調べてみました!!
1月から3月までは、あまりないようですが...

4月18日  良い歯の日
    29日  歯肉ケアの日
6月4日    虫歯予防デー
  4日~10日 歯と口の健康週間
7月25日  知覚過敏の日
725=夏氷=かき氷=冷たい食べ物
8月8日  歯並びの日
11月8日 いい歯の日

一部ですが、まだまだたくさん記念日があってびっくりしました( ^ω^ )!!

画像は、友人に頂いた歯のシールです(*^_^*)


20140121.jpeg


受付
瀬野 詩織


 

カテゴリ:

2014年11月26日

こんにちは!!

11月8日(いい歯の日)
今年のベストスマイル・オブ・ザ・イヤー、著名人部門では、坂上忍さんが受賞をしたそうです!


11月も下旬となり、冬の到来が実感できる寒さとなりました!!
雨が降ると階段も滑りやすくなりますので、お気をつけください!


2014112601.jpeg


お帰りの際は、傘も忘れずに!!!


2014112602.jpeg



受付
瀬野 詩織



 


カテゴリ:

2014年11月19日
歯周病のハナシ

歯を失う原因の第一位は歯周病だということをご存じでしたか?
じつは虫歯よりも多いのです。

IMG_5802.jpg

歯周病(歯槽膿漏)は、歯の周りの組織(歯周組織)の炎症ですが、慢性化していればあまり症状は強くないので、それほど自覚することなく進行してゆきます。
また、虫歯のように悪いところを削れば治るというものではないので厄介です...

当院では初診や検診の際に歯茎の検査を行います。これは歯周病の指標となる「歯周ポケット」を計測しているのです。

IMG_0720.jpg

ポケットは歯周病の進行とともに深くなっていきます。

歯周病の原因となる細菌は歯周ポケットから歯茎の奥へと進んでいき、やがて歯を支えている骨をとかします。支えを失った歯はグラグラしてきて抜かざるを得ない状況となってしまうのです。

IMG_1807.jpg

そうならない為に、日々のご自宅でのメインテナンスや、細菌の固まりである歯石のお掃除が必要です。
歯石はハミガキでは取り除けませんので歯科医院にお任せ下さい!

藤田


 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ