祖師ケ谷大蔵 谷村歯科医院 ブログ

ブログ

2018年1月15日
8020運動とは

 
明けましておめでとうございます。
みなさん2017年はどんな年だったでしょうか。

私は2017年は初めて学生から社会人になった年でした。
初めは目の前のことをこなすだけで、あっという間に過ぎてしまった時間ですが、今年はやることを明確にして、有意義に時間を使える年にしたいと思います!!

さて、『8020運動』という言葉はご存知でしょうか。

8020運動とは、厚生省と日本歯科医師会が

「80歳になっても自分の歯を20本以上保つ」

ということを目標に始まった運動です。

「80」という数字は男女の平均寿命を表していて、「20」は食べ物を満足して食べるために必要な歯の数を表しています。

噛むということは、食べ物を美味しく食べることも出来るのですが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。

唾液がたくさんでることで、消化を助けてくれたり虫歯の菌や歯周病の菌を洗い流す作用があります。

他には噛むことで、顔の筋肉を鍛えることができたり、脳の働きを活性化することができます。

また唾液に含まれる消化酵素の働きで、体の免疫力を高めることもできます。

このように歯を保つことは、様々な面から考えても重要ということが分かります。

逆に歯がなくなると、いろいろな障害がでてきます。

うまく噛めない
残っている歯で補うので負担が大きくなり次々とだめになっていく
スポーツなどで力が入らない
顔が老けて見える
顎の関節が痛い
うまくしゃべれない
頭痛、肩こりになる
噛まずに飲み込むと体調が悪くなる
寝たきりになる確率が大きくなる など

このように歯というのは口の中だけでなく、全身状態にとても影響を及ぼします。


ではどのように歯を保っていけばよいのでしょうか。
ポイントをいくつか挙げますので、ご自身で出来ているか確認してみてください。

☑︎ 規則正しい食生活で糖分を摂りすぎない。よく噛んでから飲み込む。

☑︎毎食後の正しいブラッシング。
歯ブラシをする時はゴシゴシと大きく動かしてしまう方も多いと思いますが、一本一本磨くような感じで細かく動かしていくことが重要です。

☑︎フッ素入り歯磨き粉や洗口剤などを使用する。

☑︎デンタルフロスや歯間ブラシで、歯と歯の間の汚れやプラークを落とす。

☑︎禁煙する。
タバコは歯周病を悪化させる原因になってしまいます。

☑︎定期検診に通う。
1〜3ヶ月に1度歯医者で、検診とお掃除をしましょう。

いかがでしたでしょうか。
出来ているところは継続し、まだ難しいところは意識して取り組むようにしていきましょう(。・ω・。)
わからないところは、先生や歯科衛生士に、お気軽にご相談ください。

!cid_160f3e730a6e90c8c271.jpg

DH 井田

 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ